化粧下地の選び方、塗り方のコツを伝授します。

化粧のトラブル・・原因は化粧下地(ファンデーション)にあり!

 

 

これは皆さん薄々感ずいていることなんですが、

 

化粧で一番重要、かつ奥が深いのが、ファンデーション・化粧下地です。

 

お肌が綺麗な人はファンデーションも薄塗りでいいので、

 

ファンデで悩むこともなく、お肌に負担をかけないので好循環になりやすいですが、

 

問題は肌のトラブルがある人。

 

にきびや吹き出物、傷やにきび跡が気になる人は、

 

ついついファンデの厚塗りをしてしまいがち。

 

すると、

 

・お肌に負担をかける

 

・お昼を食べるとすぐに崩れてくる

 

・しかもテカってべとべとになる。。

 

・さらにお肌が荒れる

 

この最悪の循環に突入してしまいます。

 

 

なので、化粧下地の正しい使い方、

 

ファンデーション毎の特徴を正しく理解して、

 

上手く使えるようになるのが大事なのです。

 

 

そうすると、お肌も本来の力を取り戻し、

 

ファンデに頼り過ぎずに綺麗な肌が目指せるので、

 

良い循環に入ることができます。

 

まずは自分の肌の特徴とファンデの特徴をしっかり

 

理解することがメチャクチャ大事です。

 

 

 

ファンデーションの種類と特徴☆

 

 

ファンデには、様々なタイプがあります。

 

 

サラっとした粉状のパウダータイプ

 

トロっとした液体のリキッドタイプ

 

ひんやりクリームタイプ  などなど。

 

 

毎日使うのには、サラっとした粉状タイプのファンデが向いています。

 

なぜなら、粉タイプは肌への負担が少なく、洗顔の手間も少ないからです。

 

肌荒れが少ない人は、粉状タイプの化粧下地をおすすめします。

 

 

結婚式や、合コンや、写真撮影など、ここぞという勝負のとき(笑)には

 

液体リキッドタイプが向いています。

 

液体タイプはくまなく伸びて肌を覆うので、見た目のカバー力が高いです。

 

その代わり、毛穴の奥に入り込んだり、乳化剤が肌に負担をかけるので、

 

毎日のように使うと肌荒れの原因になります。

 

クリームタイプも、液体タイプとほとんど同じです。

 

 

なので、今リキッドタイプやクリームタイプを毎日使っている人は、

 

段々粉状タイプのファンデーションに移行したほうがよいです。

 

粉状タイプのファンデでも、カバー力が高いものが出てきています。

 

例えば、シルキーカバーオイルブロックなどが代表格。

 

もし、粉状タイプのファンでを使ったことがなく、

 

これから試してみるという方は、まずはシルキーカバーを試してみるのをおすすめします。